「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



今福龍太

いまふく・りゅうた

1955年生まれ。文化人類学者・批評家。東京外国語大学教授。1980年代初頭よりメキシコ、キューバ、ブラジル、アメリカ南西部に滞在し調査研究に従事。サンパウロ大学、サンパウロ・カトリック大学などで客員教授を歴任。2002年より奄美群島において巡礼型の野外学舎「奄美自由大学」を主宰。著書に『荒野のロマネスク』(筑摩書房1989; 岩波現代文庫2001)、『感覚の天使たち』(平凡社1990)、『クレオール主義』(青土社1991; ちくま学芸文庫2003)、『移り住む魂たち』(中央公論社1993)、『野性のテクノロジー』(岩波書店1995)、『スポーツの汀』(紀伊國屋書店1997)、『ここではない場所』(岩波書店2001)、『ミニマ・グラシア』(岩波書店2008)、『ブラジルのホモ・ルーデンス』(月曜社2008)、『群島-世界論』(岩波書店2008)、『身体としての書物』(東京外国語大学出版会2009)、『レヴィ=ストロース 夜と音楽』(みすず書房2011)、『薄墨色の文法』(岩波書店2011)、『書物変身譚』(新潮社2014)、『ジェロニモたちの方舟』(岩波書店2015)、『わたしたちは難破者である』『わたしたちは砂粒に還る』(河出書房新社2015)、『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』(みすず書房2016)ほか。編著にレヴィ=ストロース『サンパウロへのサウダージ』(編訳、みすず書房2008)、多木浩二『映像の歴史哲学』(編、みすず書房2013)ほか。


 

今福龍太 の書籍一覧

  • ヘンリー・ソロー 野生の学舎
    ヘンリー・ソロー 野生の学舎
    [著者] 今福龍太  
    〈私は、けたたましい声で笑うアビやウォールデン湖そのものとおなじように、少しもさびしくはない。ほう、あんな孤独な湖にどんな仲間がいるのかね? ところが、あの群青の湖水のなかには、青 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07978-1 C1010
    • 2016年7月12日発行
  • 映像の歴史哲学
    映像の歴史哲学
    [著者] 多木浩二   [編] 今福龍太  
    〈歴史を問い、歴史を批判し、出来事の歴史を乗り越えたところにある深層の「歴史」の断面を、ほとんど神話化された歴史の形象を、その日常への不意の顕れを、ひたすら凝視すること。表象やイメ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07754-1 C0010
    • 2013年6月25日発行
  • レヴィ=ストロース 夜と音楽
    レヴィ=ストロース 夜と音楽
    [著者] 今福龍太  
    レヴィ=ストロースとは何者か。その思想の核心は何か。20世紀の知を牽引し、100年を生き抜いた碩学が遺した思惟の森は途方もなく深い。そしてその仕事は、来るべき思考として、私たちの前にそっ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07599-8 C1010
    • 2011年7月8日発行
  • サンパウロへのサウダージ
    サンパウロへのサウダージ
    [著者] クロード・レヴィ=ストロース   [著・訳] 今福龍太  
    1935年、27歳のC・レヴィ=ストロースは新設のサンパウロ大学に招かれて、ブラジルの地に降り立った。レヴィ=ストロースのブラジルでの軌跡は、当時急速に勃興していた都市サンパウロと、消滅の ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/216頁
    • 定価 4,320円(本体4,000円)
    • ISBN 978-4-622-07351-2 C0010
    • 2008年11月20日発行