「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



武田珂代子

たけだ・かよこ

熊本市生まれ。専門は翻訳通訳学。米国・ミドルベリー国際大学モントレー校(MIIS)翻訳通訳大学院日本語科主任を経て、2011年より立教大学異文化コミュニケーション学部教授。MIISで翻訳通訳修士号、ロビラ・イ・ビルジリ大学(スペイン)で翻訳通訳・異文化間研究博士号を取得。著書に『東京裁判における通訳』(2008)、訳書にA・ピム『翻訳理論の探求』(2010)、F・ガイバ『ニュルンベルク裁判の通訳』(2013)、イ・ヒャンジン『コリアン・シネマ』(2018、以上みすず書房)、編著書に『翻訳通訳の新地平』(晃洋書房、2016)などがある。


 

武田珂代子 の書籍一覧

  • コリアン・シネマ
    コリアン・シネマ北朝鮮・韓国・トランスナショナル
    [著者] イ・ヒャンジン   [訳者] 武田珂代子  
    日本植民統治期に誕生し、解放後の南北分断、朝鮮戦争を経て今日まで制作されてきた北朝鮮・韓国の「コリアン・シネマ」。その製作と受容はいまや一国内に留まらず、在外コリアンによる監督や外 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/456頁
    • 定価 6,480円(本体6,000円)
    • ISBN 978-4-622-08664-2 C1074
    • 2018年2月15日発行
  • 東京裁判における通訳【新装版】
    東京裁判における通訳【新装版】
    [著者] 武田珂代子  
    新しい次元に進む精緻な東京裁判研究の嚆矢として贈る意欲作。法廷におけるリアルなコミュニケーション過程を明らかにする。 本書では、東京裁判の通訳について誤解を正す意味で、いったい誰が ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-08634-5 C1021
    • 2017年7月10日発行
  • ニュルンベルク裁判の通訳
    ニュルンベルク裁判の通訳
    [著者] フランチェスカ・ガイバ   [訳者] 武田珂代子  
    「もちろん弁護人は必要だ。だがもっと重要なのは良い通訳者を付けることだ」 (ヘルマン・ゲーリング) ゲーリングは、言語の問題と、裁判が四カ国語で行われることに対し法廷が抱く懸念を巧み ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-07776-3 C1021
    • 2013年10月25日発行
  • 翻訳理論の探求
    翻訳理論の探求
    [著者] アンソニー・ピム   [訳者] 武田珂代子  
    翻訳の根本問題を多面的に考察した力作。言語学、哲学、社会学、カルチュラルスタディーズ、比較文学の最新成果をふまえた洞察が、翻訳の研究に、実践に、多くの手がかりを与えるだろう。 本書 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/320頁
    • 定価 5,400円(本体5,000円)
    • ISBN 978-4-622-07518-9 C1080
    • 2010年3月10日発行