「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジェレミー・マンデイ

Jeremy Munday

英国、リーズ大学(University of Leeds)上級講師(senior lecturer)、専攻はスペイン研究と翻訳学。翻訳家(スペイン語、フランス語から英語へ)としても活躍している。専門は、翻訳理論の応用、スペイン及び南米文学の翻訳、記述的翻訳研究(特に文学作品や政治関連書における文体とイデオロギー)、及びコーパスを用いた翻訳ツールの応用、など。翻訳理論研究の第一人者であり、著書『翻訳学入門』は、翻訳理論をコンパクトにまとめた翻訳研究の基礎文献として高く評価されている。単著にIntroducing Translation Studies(Routledge 2001, 改訂版2008〔その訳書が上記『翻訳学入門』〕), Style and Ideology in Translation(Routledge 2007), ハティム(Basil Hatim)との共著にTranslation:An Advanced Resource Book(Routledge 2004)、ほか編著等。


 

ジェレミー・マンデイ の書籍一覧

  • 翻訳学入門【新装版】
    翻訳学入門【新装版】
    [著者] ジェレミー・マンデイ   [監訳] 鳥飼玖美子  
    本書は、ダイナミックで発展めざましい翻訳分野の主要研究が分かりやすく解説された優れた書物である。ベストセラーの教科書で、世界中の翻訳コースで使用されている。 著者マンデイは、各章ご ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/378頁
    • 定価 5,832円(本体5,400円)
    • ISBN 978-4-622-08726-7 C1080
    • 2018年6月8日発行