「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



西成彦

にし・まさひこ

1955年岡山県生まれ。兵庫県出身。東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化博士課程中退。1984年より、熊本大学文学部講師から助教授、1997年より、立命館大学文学部教授を経て2003年より同大学院先端総合学術研究科教授。日本比較文学会会長。専攻はポーランド文学、比較文学。著書『マゾヒズムと警察』(筑摩書房1988)『ラフカディオ・ハーンの耳』(岩波書店1993/岩波同時代ライブラリー1998)『イディッシュ――移動文学論 I』(作品社1995)『森のゲリラ 宮沢賢治』(岩波書店1997/平凡社ライブラリー2004)『クレオール事始』(紀伊國屋書店1999)『耳の悦楽――ラフカディオ・ハーンと女たち』(紀伊國屋書店2004)『エクストラテリトリアル――移動文学論 II』(作品社2008)『世界文学のなかの『舞姫』』(みすず書房2009)『ターミナルライフ 終末期の風景』(作品社2011)『胸さわぎの鴎外』(人文書院2013)『バイリンガルな夢と憂鬱』(人文書院2014)『外地巡礼――「越境的」日本語文学論』(みすず書房2018)、訳書 ゴンブローヴィッチ『トランス=アトランティック』(国書刊行会2004)ショレム・アレイヘム『牛乳屋テヴィエ』(岩波文庫2012)シンガー『不浄の血』(共訳、河出書房新社2013)『世界イディッシュ短篇選』(編訳、岩波文庫2018)ほか。


 

西成彦 の書籍一覧

  • 外地巡礼
    外地巡礼「越境的」日本語文学論
    [著者] 西成彦  
    「冷戦の影響がいまでも深く刻みこまれている〈東アジア〉において〈歴史〉も〈文学史〉も何もかもが流動的、そして進行形である。そして、それがまさに〈進行形〉であることを最もはっきりと示 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 4,536円(本体4,200円)
    • ISBN 978-4-622-08632-1 C0098
    • 2018年1月18日発行
  • トランスレーション・スタディーズ
    トランスレーション・スタディーズ
    [編] 佐藤=ロスベアグ・ナナ  
    他者をいかに理解するのか。翻訳の理論と実践はどのようにして統合可能か。1970年代西欧に生まれ、80年代に大きく発展し、領域横断性・現代性のきわだつ「トランスレーション・スタディーズ」。 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/312頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07634-6 C1010
    • 2011年10月13日発行
  • 世界文学のなかの『舞姫』
    理想の教室
    世界文学のなかの『舞姫』
    [著者] 西成彦  
    「文学は、書かれていることを読むだけでなく、書かれていないまま放置された部分を読者が補足していく読みをもまた求めています」 明治のエリート太田豊太郎、故国喪失者となってエリスと暮ら ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/144頁
    • 定価 1,728円(本体1,600円)
    • ISBN 978-4-622-08329-0 C1395
    • 2009年5月22日発行