「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アルバート・H・マンセル

Albert Henry Munsell

1858年ボストンに生まれる。画家・美術教育家。マサチューセッツ州立美術師範学校(Massachusetts State Normal Art School)で油絵を学ぶ。美術教師として教鞭をとりながら、肖像画家として活動。色彩が表す効果に強い関心を抱き、色の研究を始める。色を定量的に表記するには三属性(明度、色相、彩度)による測定が有効なことを見出し、その研究の成果を1905年に『色彩の表記』として出版。「マンセル表色系」を体系化するべく、さまざまな実験・検証を重ねながら本の改訂をしつづけ、1918年にはマンセル・カラー社を創立した。その他の著書に『色彩の基本』(A Grammar of Color)(1921、歿後に出版)『マンセル・ブック・オブ・カラー』(Munsell Book of Color)(1929、歿後に子息が編纂・出版)がある。


 

アルバート・H・マンセル の書籍一覧

  • 色彩の表記
    色彩の表記
    [著者] アルバート・H・マンセル   [訳者] 日髙杏子  
    20世紀の始まりに開発された《マンセル表色系》は、色を「色相・明度・彩度」の三属性から測ることで、文化や環境に左右されずに定量的に表せることを実証し、色彩学の世界に新たな秩序をもたら ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/80頁
    • 定価 1,944円(本体1,800円)
    • ISBN 978-4-622-07487-8 C0071
    • 2009年8月20日発行