「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



高杉一郎

たかすぎ・いちろう

1908年、伊豆に生まれる。作家、翻訳家、編集者、和光大学名誉教授。1933年、改造社に入社、36年より同社の雑誌『文藝』の編集主任。44年に召集され関東軍に配属、敗戦後は4年間、シベリアに抑留される。49年に復員、翌50年に出版した、シベリア体験を綴った『極光のかげに』がベストセラーとなる。その後、静岡大学教授、常葉女子大学教授を経て、1973年より和光大学人文学部教授。主な著書に、『極光のかげに』(目黒書店、1950)『夜あけ前の歌』(岩波書店、1982)『スターリン体験』(岩波書店、1990)『征きて還りし兵の記憶』(岩波書店、1996)、編訳に、『エロシェンコ全集』全3巻(みすず書房、1959)、訳書に、アグネス・スメドレー『中国の歌ごえ』(みすず書房、1957)ロバート・グレーヴス『ギリシア神話』(上下、紀伊國屋書店、1962、73)フィリッパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』(岩波書店、1967)ルイス・キャロル『ふしぎの国のアリス』(講談社、1972)ほかがある。


 

高杉一郎 の書籍一覧

  • あたたかい人
    あたたかい人
    [著者] 高杉一郎   [編] 太田哲男  
    「私が努力したのは、できるだけ正直に書くことと、すべてのものが政治的な時代であるにしても、望むらくは、せまい党派的なものにかたづけてしまうことができないものの意味をできるだけあきら ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07498-4 C0095
    • 2009年10月21日発行