「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ツヴェタン・トドロフ

Tzvetan Todorov

1939-2017。ブルガリアのソフィアに生まれる。1963年、渡仏。1973年、フランス国籍取得。現在、国立科学研究所(CNRS)の芸術・言語研究センター研究指導教授。ロラン・バルトの指導のもとに『小説の記号学』(67)を著し記号学的文学批評の先駆をなす。その後、『幻想文学論序説』(70)、『象徴の理論』(77)、『象徴表現と解釈』(78)、『言説の諸ジャンル』(78)、『批評の批評』(85)など文学の記号学的研究を進めるかたわら、『ミハイル・バフチン 対話の原理』(81)を転機として一般人類学的研究に範囲を拡大させる。その最初の成果が『他者の記号学』(82)である。その後、邦訳されているものだけでも、『はかない幸福』(85)、『極限に面して』(91)、『歴史のモラル』(91)、『日常礼賛』(93)、『フランスの悲劇』(94)、『共同生活』(95)、『帰郷に生きる者』(96)、『未完の菜園』(98)、『バンジャマン・コンスタン』(99)、『悪の記憶・善の誘惑』(2000)、『われわれと他者』(01)、『越境者の思想』(02)、『個の礼賛』(02)、『イラク戦争と明日の世界』(03)、『絶対の冒険者たち』(05)、『啓蒙の精神』(07)、『文学が脅かされている』(08)、『芸術か人生か!レンブラントの場合』(08)、『ゴヤ』(11)、『民主主義の内なる敵』(12)など多数の著書がある。その他、共編著として『アステカ帝国滅亡記』(1983)、『ジェルメール・ティヨン』(2009)などがある。『歴史のモラル』でルソー賞を受賞。


 

ツヴェタン・トドロフ の書籍一覧

  • 民主主義の内なる敵
    民主主義の内なる敵
    [著者] ツヴェタン・トドロフ   [訳者] 大谷尚文  
    「民主主義はその行き過ぎによって病んでいる。そこでは自由は暴政と化し、人民は操作可能な群集へと姿を変える。進歩を促進しようとする欲望は、十字軍の精神に変化する。経済、国家、法は万人 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 4,860円(本体4,500円)
    • ISBN 978-4-622-08512-6 C1010
    • 2016年7月25日発行
  • 芸術か人生か!レンブラントの場合
    芸術か人生か!レンブラントの場合
    [著者] ツヴェタン・トドロフ   [訳者] 高橋啓  
    偉大な芸術家の作品に直面すると、わたしたちは形態の完璧さに感嘆し、それぞれの絵の意味を問うだけでは満足できなくなる。人間特有の活動に含まれるひときわ魅力的な秘密のひとつを解明する手 ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/120頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-07494-6 C0071
    • 2009年11月10日発行