「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アンドルー・ギャンブル

Andrew Gamble

1947年ロンドンに生まれる。1968年ケンブリッジ大学クイーンズ・カレッジ卒業(B. A.)、1969年ダラム大学大学院修士課程修了(M. A.)、1972年ケンブリッジ大学ゴンヴィル・キーズ・カレッジ(博士課程)修了。1975年Ph. D. 取得。1973年シェフィールド大学政治学科講師、1986年同大教授。2005年アイザイア・バーリン賞を受賞。2007年よりケンブリッジ大学クイーンズ・カレッジ教授および政治・国際関係学科学科長。イギリスの政治評論季刊誌The Political Quarterlyの共同編集者。主要著書The Conservative Nation (Routledge, 1974), An Introduction to Modern Social and Political Thought (Macmillan, 1981) 初瀬龍平・萬田悦生訳『現代政治思想の原点―自由主義・民主主義・社会主義』(三嶺書房、1992), Britain in Decline: Economic Policy, Political Strategy, and the British State (Macmillan, 1981) 都築忠七・小笠原欣幸訳『イギリス衰退100年史』(みすず書房、1987), The Free Economy and the Strong State: The Politics of Thatcherism (Macmillan, 1988) 小笠原欣幸訳『自由経済と強い国家―サッチャリズムの政治学』(みすず書房、1990), Hayek: The Iron Cage of Liberty (Polity Press, 1996), Politics and Fate (Polity Press, 2000) 内山秀夫訳『政治が終わるとき?―グローバル化と国民国家の運命』(新曜社、2002), Between Europe and America: The Future of British Politics (Palgrave Macmillan, 2003). 主要編著 (With A. Payne) Regionalism and World Order (Macmillan, 1996), (With G. Kelly and J. Parkinson) The Political Economy of the Company (Hart Publishing, 2000), (With D. Lane) The European Union and World Politics (Palgrave Macmillan, 2009).


 

アンドルー・ギャンブル の書籍一覧