「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジョージ・M・フレドリクソン

George M. Fredrikson

1934-2008。コネチカット州ブリストル市生まれ。米国の歴史学者。 1956年にハーヴァード大学を卒業後、フルブライト奨学金を得てノルウェイに留学。1964年にハーヴァード大学で博士号を取得、同大学やノーザンウエスト大学で教鞭をとり、1984年から2002年までスタンフォード大学で米国史の教授を務める。専門は米国と南アフリカの人種関係の比較史。一定のテーマのもとに複数の地域や時代を比較・研究することで対象を立体的に記述する比較史の方法論を切り開いたとされる。 米国と南アフリカの白人至上主義の歴史を論じた主著のWhite Supremacy: A Comparative Study in American and South African History (1981)は、ピュリッツァー賞の最終候補になるほど高い評価を受けた。著書にThe Black Image in the White Mind (1971), Big Enough to Be Inconsistent: Abraham Lincoln Confronts Slavery and Race (2008)など多数。


 

ジョージ・M・フレドリクソン の書籍一覧

  • 人種主義の歴史【新装版】
    人種主義の歴史【新装版】
    [著者] ジョージ・M・フレドリクソン   [訳者] 李孝徳  
    人間の差異は出自によるのか、文化によるのか。生来的で変更不可能な「人種」の名のもとに権力が行使され、支配や排除が合理化される人種主義。本書は、人種主義の歴史を簡明に描きだした記念碑 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-08751-9 C1010
    • 2018年10月9日発行