「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



近藤宏一

こんどう・こういち

1926年大阪生まれ。1938年、11歳の時に長島愛生園入園。1941年愛生学園卒業。子供時代から詩や作文を書き、「愛生」誌、「綴り方倶楽部」などに発表。戦後、赤痢に罹患したことにより病状が悪化し、失明、四肢障害を負う。1953年、園内の盲人の仲間とともにハーモニカを中心としたバンド「青い鳥楽団」を結成、楽長をつとめる。長島詩話会に参加し「裸形」他で詩を発表するほか、「らい詩人集団」同人として活動。晩年まで各地の学校、集会等でハーモニカの演奏、講演活動を行う。2007年、国際救らいミッション(The Leprosy Mission International)がハンセン病問題の啓発に貢献した人物に贈るウェルズリー・ベイリー賞を受賞。2009年10月5日没。著書に『ハーモニカの歌』(1979年、私家版/1998年、大空社)、『闇を光に――ハンセン病を生きて』(2010年、みすず書房)


 

近藤宏一 の書籍一覧

  • 闇を光に
    闇を光にハンセン病を生きて
    [著者] 近藤宏一  
    近藤宏一は1938 年、11歳でハンセン病療養所長島愛生園に入園、2009年に83歳で没するまでその地で暮らした。神谷美恵子が『生きがいについて』執筆にあたり大きな示唆を受けた人物の一人である ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-07554-7 C0095
    • 2010年10月5日発行