「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



明石政紀

あかし・まさのり

著述家。札幌生まれ。1980年代前半はパンク・オルタナティヴ・ミュージックの批評、80年代後半から90年代前半までは音盤制作者(Wave-eva/evvaレーベル)。90年代後半にベルリンに転居。著書に『ベルリン音楽異聞』(みすず書房2010)、『キューブリック映画の音楽的世界』(アルファベータ2007)、『ポップ・ミュージックとしてのベートーヴェン』(勁草書房2002)、『フリッツ・ラング、または伯林=聖林』(アルファベータ2002)、『ドイツのロック音楽、またはカン、ファウスト、クラフトワーク』(水声社1997/2003)ほか。訳書 ヴァイスヴァイラー『オットー・クレンペラー――あるユダヤ系ドイツ人の音楽家人生』(みすず書房2011)。


 

明石政紀 の書籍一覧

  • オットー・クレンペラー
    オットー・クレンペラーあるユダヤ系ドイツ人の音楽家人生
    [著者] エーファ・ヴァイスヴァイラー   [訳者] 明石政紀  
    2010年にドイツで著された初の伝記。今までの偏った伝記記述を是正し、新たなクレンペラー像を提起する力作である。資料を博捜し、存在の矛盾のあいだから漂い出る創造の内幕と、その魅力に迫る ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/328頁
    • 定価 4,968円(本体4,600円)
    • ISBN 978-4-622-07629-2 C0073
    • 2011年9月21日発行
  • ベルリン音楽異聞
    ベルリン音楽異聞
    [著者] 明石政紀  
    ドイツ国歌の複雑怪奇な変遷はドイツ史の紆余曲折を如実に物語っている。/ ヒトラーと第三帝国は芸術や音楽に何をしたか。そこには抑圧とか統制という言葉では言い表せない権力者・表現者・民 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07577-6 C1073
    • 2010年12月17日発行