「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



石川清子

いしかわ・きよこ

千葉県に生まれる。ニューヨーク市立大学大学院フランス語フランス文学Ph.D取得。静岡文化芸術大学教授。フランス近現代文学、フランス語圏文学専攻。著書に、Paris dans quatre textes narratifs du surrealisme (1999、L’Harmattan)、訳書に、アシア・ジェバール『愛、ファンタジア』(2011、みすず書房)、タハール・ベン・ジェルーン『不在者の祈り』(1998、国書刊行会)などがある。


 

石川清子 の書籍一覧

  • 愛、ファンタジア
    愛、ファンタジア
    [著者] アシア・ジェバール   [訳者] 石川清子  
    舞台はアルジェリア。「ファンタジア」とは北アフリカに古来伝わる、戦闘を模した騎馬芸のことだ。疾駆する騎馬、いっせいに空に向けて銃を放つ騎士たち、それにあわせ女たちがあげる鋭い叫び声 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
    • 定価 4,320円(本体4,000円)
    • ISBN 978-4-622-07595-0 C0097
    • 2011年3月18日発行