「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



出口顯

でぐち・あきら

1957年生まれ、松江市出身。筑波大学比較文化学類卒業。東京都立大学大学院社会科学研究科修士課程修了、同大学大学院博士課程退学。島根大学法文学部助手、助教授をへて、2000年より同大学同学部教授。博士(文学)。文化人類学専攻。著書に『名前のアルケオロジー』(紀伊國屋書店、1995)、『誕生のジェネオロジー――人工生殖と自然らしさ』(世界思想社、1999)、『臓器は「商品」か――移植される心』(講談社現代新書、講談社、2001)、『レヴィ=ストロース斜め読み』(青弓社、2003)、『神話論理の思想――レヴィ=ストロースとその双子たち』(みすず書房、2011)、編著に『読解 レヴィ=ストロース』(青弓社、近刊)ほか。


 

出口顯 の書籍一覧

  • 神話論理の思想
    神話論理の思想レヴィ=ストロースとその双子たち
    [著者] 出口顯  
    〈分析の展開の中で、レヴィ=ストロースは、他者、歴史、芸術、地球や人類の未来について、彼の思想を披瀝している。とりわけ第一巻の「序曲」と第四巻の「終曲」にはそれらが目につきやすいか ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 978-4-622-07598-1 C1010
    • 2011年4月20日発行