「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ポール・ファーマー

Paul Farmer

1959年生まれ。発展途上国での医療提供活動によって世界的に著名な医師・医療人類学者。ハーヴァード医学大学院 国際保健社会医学部長などを経て2010年からKolokotrones University Professor at Harvard University。学生の頃からハイチの慈善活動に参加し、1987年、出資者や同級のジム・ヨン・キムらとともに国際保健のNPOパートナーズ・イン・ヘルス(PIH)を創立した。PIHは現在12カ国で医療活動を展開しており、貧困地域ではこれまで不可能とされていた結核やエイズの治療に成功した。ファーマー自身もトレーラー・ハウス暮らしの貧困家庭出身で、その半生記Mountains beyond Mountains: The Quest of Dr. Paul Farmer, a Man Who Would Cure the World by Tracy Kidder (Random House, 2003)は全米ベストセラーとなった(日本語版『国境を越えた医師』)。マッカーサー財団フェローシップ、マーガレット・ミード賞など受賞歴多数。著書には既訳の『復興するハイチ』(岩田健太郞訳、みすず書房2014)『権力の病理 誰が行使し誰が苦しむのか』(豊田英子訳、みすず書房2012)他、The Uses of Haiti (Common Courage Press, 1994), Infections and Inequalities: The Modern Plagues (University of California Press, 1999)などがある。


 

ポール・ファーマー の書籍一覧