「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジョナス・メカス

Jonas Mekas

1922-2019。リトアニア生まれのアメリカ人。詩人、映画作家。第二次大戦末期の1944年、ナチの追っ手から逃れて国外に出たが、そのままナチ・ドイツに拉致され、強制労働収容所へ送られる。翌年ドイツの降伏による終戦によって、そのまま難民となり、4年間ドイツを流浪後、1949年に米国へ亡命、ニューヨークで映画の制作を始める。60年代には、『ヴィレッジ・ヴォイス』紙のコラムに執筆、季刊『フィルム・カルチャー』誌の発行をつうじて個人映画の評論活動をつづける。フィルムメーカーズ・コープを組織して作家を連帯させ、シネマテークを創って上映活動をし、個人映画のジャンルを確立。1970年には、散逸しやすい個人映画や非商業映画、歴史上重要な映画の保存と上映のためにアンソロジー・フィルム・アーカイヴスを創設。その館長を務める。映画作品に Walden, Notes and Sketches (1966)、『リトアニアへの旅の追憶』(1971-72)ほか多数。著書『メカスの映画日記』(フィルムアート社、1974)『セメニシュケイの牧歌』(書肆山田、1996)『どこにもないところからの手紙』(書誌山田、2005)『メカスの難民日記』(みすず書房、2011)ほか、多数。


 

ジョナス・メカス の書籍一覧

  • メカスの難民日記
    メカスの難民日記
    [著者] ジョナス・メカス   [訳者] 飯村昭子  
    故国リトアニアがドイツの占領下にあった第二次大戦末期、反ナチ活動が発覚して著者はナチの強制労働収容所へ送られた。 ドイツが敗北すると、故国はソ連領となる。著者は帰国を断念し、1949年 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/416頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07608-7 C0074
    • 2011年6月21日発行