「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



石原吉郎

いしはら・よしろう

詩人。1915年11月11日、静岡県伊豆土肥村に生まれる。1938年東京外語ドイツ語貿易科卒業、大阪ガス入社。翌39年応召、翌1940年、北方情報要員第一期生として大阪露語教育隊へ分遣、鹿野武一に会う。41年、関東軍のハルビン特務機関へ配属。敗戦後、シベリア各地の収容所を転々とする。49年2月には、反ソ・スパイ行為の罪で重労働25年の判決を受ける。スターリン死去にともなう特赦で1953年12月に帰国。翌54年に『文章倶楽部』に詩の投稿をはじめ、翌年には詩誌『ロシナンテ』を創刊、続々と詩を発表する。詩集に『サンチョ・パンサの帰郷』(1963、思潮社、第14回H氏賞)『水準原点』(1972、山梨シルクセンター出版部)『禮節』(1974、サンリオ出版)『北條』(1975、花神社)『足利』(1977、花神社)『満月をしも』(1978、思潮社)、詩・評論集に『日常への強制』(1970、構造社)、歌集『北鎌倉』(1978年、花神社)、句集『石原吉郎句集』(1974、深夜叢書社)があり、エッセイ・評論集に『望郷と海』(筑摩書房、1972、《始まりの本》みすず書房、2012)のほか、『海を流れる河』(1974、花神社)『断念の海から』(1976、日本基督教団出版局)『対談集 海への思想』(1977、花神社)『一期一会の海』(1978、日本基督教団出版局)がある。そのほとんどは『石原吉郎全集』全3巻(1979-1980、花神社)に収録されている。その他『石原吉郎詩集』(現代詩文庫、1969、思潮社)『新選・石原吉郎詩集』(新選現代詩文庫、1979、思潮社)『続・石原吉郎詩集』(現代詩文庫、1994、思潮社)『石原吉郎詩文集』(2005、講談社文芸文庫)など。1977年11月14日、自宅で入浴中に急性心不全のため死去する。


 

石原吉郎 の書籍一覧

  • 望郷と海
    始まりの本
    望郷と海
    [著者] 石原吉郎   [解説] 岡真理  
    「彼はついに〈告発〉の言葉を語らなかった。彼の一切の思考と行動の根源には、苛烈で圧倒的な沈黙があった。それは声となることによって、そののっぴきならない真実が一挙にうしなわれ、告発と ...
    • 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm/312頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-08356-6 C1336
    • 2012年6月8日発行