「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



南塚信吾

みなみづか・しんご

1942年富山県に生まれる。1970年東京大学社会科学研究科国際関係論博士課程修了。千葉大学および法政大学名誉教授。専門はハンガリー史、国際関係史。著書に『東欧経済史の研究――世界資本主義とハンガリー』(ミネルヴァ書房、1979)『静かな革命――ハンガリーの農民と人民主義』(東京大学出版会、1987)『ハンガリーの「第三の道」――資本主義と社会主義のはざまで』(岩波書店、1991)『アウトローの世界史』(NHKブックス、1999)『ブダペシュト史――都市の夢』(現代思潮新社、2007)『図説 ハンガリーの歴史』(河出書房新社、2012)ほか。訳書にE・H・カー『ロシア革命の考察』(みすず書房、1969、《始まりの本》2013)『一国社会主義〈政治〉』(同、1974)『一国社会主義〈経済〉』(同、1977)、ヤーノシュ・サーヴァイ『ハンガリー』(共訳、白水社、1999)、ビル・ローマックス『終わりなき革命――ハンガリー1956』(彩流社、2006)ほか。


 

南塚信吾 の書籍一覧

  • ロシア革命の考察
    始まりの本
    ロシア革命の考察
    [著者] E・H・カー   [訳者] 南塚信吾  
    「レーニンは、説得とか教化というものは、それを受ける人々の心に合理的な確信を植えつけようとするものであるという意味において、それを合理的な過程とみなした。スターリンは、それが合理的 ...
    • 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm/264頁
    • 定価 3,740円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-08358-0 C1322
    • 2013年4月10日発行