「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



深野稔生

ふかの・としお

1942年東京浅草生まれ。戦争末期に仙台へ疎開、物心つく頃から疎開先の里山を遊びまわり新しい世界を知る。現在、宮城県仙台市土樋在住。公益社団法人日本山岳ガイド協会所属。無名山塾仙台塾長。仙台YMCA山岳会前会長。広告デザイン事務所(株)深野プロ代表取締役会長。20歳頃から本格的な登山を始め、東北おもに宮城県周辺の山の谷や岩、積雪期登山に傾倒。地方登山史・山名考・民俗学などに興味をもち、ひいては文献と山とをつなぐ行為に自分の地平を見つけ日々フィールドワークにいそしむ。著書に『神室岳――その山名と登山史覚書』(日伸書房)『〔詩集〕きのうからの手紙』(私家版)『宮城の山ガイド』(歴史春秋社)『産土の山を行く』『山遊び山語り栗駒・船形編』『山遊び山語り蔵王・二口編』『天翔ける船紀行』『上遠野秀宣・栗駒山紀行/Mt. Kurikoma Ski Cruising Traveloge』(江戸時代の侍が行なった登山と現代の登山を同じ山、同じ紙面で対比させ、21世紀型の新しい登山形態を探ろうとした試み。以上無明舎出版)『銀嶺に向かって歌え――クライマー小川登喜男伝』(みすず書房)。ほかに『日本登山大系』(北海道・東北の山編、白水社)『日本百名谷』(白山書房)『森と水の恵み――達人の山旅 2』(みすず書房)など共著多数。


 

深野稔生 の書籍一覧

  • 銀嶺に向かって歌え
    銀嶺に向かって歌えクライマー小川登喜男伝
    [著者] 深野稔生  
    「行為なくして山はない。情熱なくしては、いかなる偉大なことも起こりえない。山への情熱は、山に行くことのうちに純化されるだろう」 (東北帝大山岳部ルーム日誌より) 小川登喜男(1908-19 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07739-8 C0095
    • 2013年3月22日発行
  • 森と水の恵み
    達人の山旅 2
    森と水の恵み
    [編著] 高桑信一  
    すべての山好き、本好きに贈る、書き下ろしエッセイ・アンソロジー《達人の山旅》第二弾。 四季折々の恵みをたずさえて、この国の山と渓谷は、深くやさしく漂泊者たちの五感を包みこむ。渓流釣 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 2,160円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-07153-3 C0095
    • 2005年8月16日発行