「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジリアン・ネイラー

Gillian Naylor

1931年、英国シェフィールドに生まれる。オクスフォード大学で英文学を学んだ後、カウンシル・オヴ・インダストリアル・デザインの機関誌「デザイン」の編集に携わる。ブライトン・ポリテクニック、キングストン・ポリテクニックの講師をへて1972年、ロイヤル・コレッジ・オヴ・アートでデザイン史コース担当の専任教員に。1992年、同校教授。1997年、定年退職。芸術学博士(Ph.D.)。著書The Bauhaus, Studio Vista, 1968(『バウハウス――近代デザイン運動の軌跡』利光功訳、PARCO出版 1977), The Arts and Crafts Movement: A Study of Its Sources Ideals and Influence on Design Theory, Trefoil Publications Ltd., 1990(『アーツ・アンド・クラフツ運動』川端康雄・菅靖子訳、みすず書房 2013), The Bauhaus Reassessed: Sources and Design Theory, Herbert Press, 1985, 編著William Morris by Himself: Designs and Writings, MacDonald Orbis, 1988(『ウィリアム・モリス』ウィリアム・モリス研究会訳、講談社 1990), Bloomsbury: Its Artists, Authors, and Designers, Pyramid, 1990ほか。


 

ジリアン・ネイラー の書籍一覧