「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



外口玉子

とぐち・たまこ

1937年千葉県生まれ。1960年東京大学医学部衛生看護学科卒業後、保健所保健師、病院看護師長、東京大学医学部保健学科助手、ボストン大学大学院留学を経て、1973年東京都精神医学総合研究所主任研究員。1986年「地域ケア福祉センター」を有志で立ちあげ、1989年、精神障害者の社会参加と地域での生活を支援する「社会福祉法人かがやき会」を設立。その間、大学教員、衆議院議員を務める。現在、「かがやき会」理事長・地域ケア福祉研究所所長。保健学博士。著書『人と場をつなぐケア』(1988、医学書院)、共著『精神科看護の展開』(1967、医学書院)、『問われ、問いつづける看護』(1977、星和書店)、『“困りごと”からケアは始まる』(2008、ゆう書房)、共編著『らい看護から』(1980、日本看護協会出版会)他多数。


 

外口玉子 の書籍一覧

  • ケアへのまなざし【新装版】
    ケアへのまなざし【新装版】
    [著者] 神谷美恵子   [解説] 外口玉子  
    〈弱者に対する強者の優越感というものは医療の場では極めて起こりやすいことで、しかも強者自身は案外気づいていないことが多いのではなかろうか。医療者も一度病人という弱者になってみるのが ...
    • 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm/272頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-08838-7 C1011
    • 2019年7月9日発行