「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



忠平美幸

ただひら・みゆき

1962年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。早稲田大学図書館司書を経て現在は翻訳者。おもな訳書にペトロスキー『フォークの歯はなぜ四本になったか』(平凡社、1995)ハーツガード『世界の環境危機地帯を往く』(草思社、2001)ドーソン&グローブマン『101歳、人生っていいもんだ。』(飛鳥新社、2001)ペトロスキー『ゼムクリップから技術の世界が見える』(朝日新聞社、2003)レヴィーン『あなたもこうしてダマされる』(草思社、2006)ベア『戦場から生きのびて』(河出書房新社、2008)バロン『スタインウェイができるまで』(青土社、2009)メア&ホー『お茶の歴史』(河出書房新社、2010)オルデンバーグ『サードプレイス』(みすず書房、2013)、共訳でターケル『大恐慌!』(作品社、2010)などがある。


 

忠平美幸 の書籍一覧