「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



小泉恭子

こいずみ・きょうこ

1966年大阪市生まれ。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。Ph.D.(ロンドン大学)。現在、大妻女子大学社会情報学部准教授。専門は文化社会学、音楽社会学。著書に『音楽をまとう若者』(勁草書房2007)、『メモリースケープ――「あの頃」を呼び起こす音楽』(みすず書房 2013)、成実弘至編『コスプレする社会――サブカルチャーの身体文化』(共著、せりか書房2009)、’Popular music listening as “non-resistance”: the cultural reproduction of musical identity in Japanese families’, in Green, L. (ed.) Learning, Teaching, and Musical Identity: Voices across Cultures (Indiana University Press 2011)ほか。


 

小泉恭子 の書籍一覧

  • メモリースケープ
    メモリースケープ「あの頃」を呼び起こす音楽
    [著者] 小泉恭子  
    音楽は、眠っていた記憶を呼び覚ます。プルーストにおけるマドレーヌのように。それは、人生の「前景」たるお気に入りの曲とは限らない。聞き流していた「後景」の音楽ですら、「あの日、あの時 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-07795-4 C0073
    • 2013年10月10日発行