「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジョン・キーン

John Keane

1949年、オーストラリア生まれ。政治学者。アデレード大学、トロント大学、ケンブリッジ大学で学ぶ。現在、シドニー大学およびベルリン科学センター(WZB)の政治学教授。2011年、シドニー・デモクラシー・イニシアティヴ(SDI)を創設。The Life and Death of Democracy (2009, 『デモクラシーの生と死』全2巻、森本醇訳、みすず書房)のほか主な著書に、25カ国語以上に翻訳されたThe Media and Democracy (1991) 、Democracy and Civil Society (1988; 1998), Reflections on Violence (1996), Civil Society: Old Images, New Visions (1998), トマス・ペイン、ヴァーツラフ・ハヴェルの伝記など。近著には、Global Civil Society? (2003), Violence and Democracy (2004). 2013年、Democracy and Media Decadance を刊行。なお、現代世界に対する幅広い言動とその反響については、著者自身のホームページjohnkeane.netでも詳しく知ることができる。


 

ジョン・キーン の書籍一覧

  • デモクラシーの生と死 上
    デモクラシーの生と死 上
    [著者] ジョン・キーン   [訳者] 森本醇   [解説] 猪口孝  
    「学識のガルガンチュア的偉業と言えよう」(『ガーディアン』) 「大いに感銘を受けた……恐るべき学問的成果だ」(ドミニク・サンドラブロック) デモクラシーは古代ギリシアに誕生した、と ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/512頁
    • 定価 7,150円(本体6,500円)
    • ISBN 978-4-622-07743-5 C1031
    • 2013年11月22日発行
  • デモクラシーの生と死 下
    デモクラシーの生と死 下
    [著者] ジョン・キーン   [訳者] 森本醇   [解説] 猪口孝  
    「学識のガルガンチュア的偉業と言えよう」(『ガーディアン』) 「大いに感銘を受けた……恐るべき学問的成果だ」(ドミニク・サンドラブロック) 代表デモクラシーを誇ったヨーロッパであっ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/496頁
    • 定価 7,150円(本体6,500円)
    • ISBN 978-4-622-07744-2 C1031
    • 2013年11月22日発行