「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



岩田健太郞

いわた・けんたろう

1971年、島根県生まれ。島根県医科大学卒業後、沖縄県立中部病院、コロンビア大学セントルークス・ルーズベルト病院、アルバート・アインシュタイン医科大学、ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院を経て、 2008年より神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)・神戸大学医学部付属病院感染症内科診療科長。著書に『悪魔の味方――米国医療の現場から』『麻疹が流行する国で新型インフルエンザは防げるのか』『感染症は実在しない――構造構成的感染症学』『予防接種は「効く」のか?――ワクチン嫌いを考える』など多数。訳書にポール・ファーマー『復興するハイチ――震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010-11』(みすず書房、2014)。


 

岩田健太郞 の書籍一覧