「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



谺雄二

こだま・ゆうじ

詩人。1932年東京都生まれ。39年ハンセン病発病。国立療養所多磨全生園(東京都東村山市)に入所。51年国立療養所栗生楽泉園(群馬県吾妻郡)に転園。62年詩集『鬼の顔』出版。81年『ライは長い旅だから』(詩・谺雄二/写真・趙根在、皓星社)出版。82年『風雪の紋──栗生楽泉園患者50年史』編および執筆(栗生楽泉園患者自治会)。87年自らの少年時代を描いた自伝『わすれられた命の詩』(ポプラ社)出版。99年原告として東京地裁に「らい予防法人権侵害謝罪・国家賠償請求訴訟」を提訴。2001年「ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会(全原協)」発足。同会会長、ハンセン病市民学会共同代表を務める。詳しくは『死ぬふりだけでやめとけや 谺雄二詩文集』(姜信子編、みすず書房、2014)に収められた「年譜」参照。2014年5月11日、肺がんのため死去。


 

谺雄二 の書籍一覧

  • 死ぬふりだけでやめとけや 谺雄二詩文集
    死ぬふりだけでやめとけや 谺雄二詩文集
    [著者] 谺雄二   [編] 姜信子  
    群馬・ハンセン病療養所栗生楽泉園に暮す81歳の「草津のサルトル」こと谺雄二。「ライは長い旅だから」などの名詩で知られる詩人にして、ハンセン病違憲国賠訴訟の理論的支柱であり、療養所を「 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07830-2 C0092
    • 2014年3月20日発行