「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



新井崇嗣

あらい・たかつぐ

1967年、神奈川生まれ。翻訳者、音楽ライター、語学学校非常勤講師。中央大学法学部法律学科卒、メンフィス大学英語学部言語学学科修士課程修了。1991年から94年まで映画配給会社に勤務し、外国映画およびTV番組の買い付け、販売に携わる。1997年に留学のため渡米し、2001年に帰国。書籍や雑誌記事の翻訳、歌詞対訳、CDライナーノートの翻訳を多数手がけるとともに、音楽ライターとして音楽誌へ寄稿するほか、ライナーノートも執筆している。おもな訳書に『スウィート・ソウル・ミュージック――リズム・アンド・ブルースと南部の自由への夢』『スタックス・レコード物語』『ハウリン・ウルフ――ブルースを生きた狼の一生』『フットプリンツ――評伝ウェイン・ショーター』『エレクトロ・ヴォイス――変声楽器ヴォコーダー/トークボックスの文化史』『スカー・ティッシュ――アンソニー・キーディス自伝』『レッド・ホット・チリ・ペッパーズ オフィシャル・バイオグラフィ』、ジェリー・ウェクスラー/D・リッツ『私はリズム&ブルースを創った――〈ソウルのゴッドファーザー〉自伝』など。


 

新井崇嗣 の書籍一覧