「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



パトリック・ドゥヴィル

Patrick Deville

1957年生まれのフランス作家。ナント大学で比較文学・哲学を学んだのち、1980年代を中東、ナイジェリア、アルジェリアで暮らす。1990年代、たびたびキューバ、ウルグアイほか中米に滞在。1996年、「ラテンアメリカの若い文学賞」を創設、雑誌『Meet』を創刊、サン=ナゼールに「外国人作家と翻訳者の家」を創立し、現在もそのディレクターを勤めている。2011年、『リール』誌は、ドゥヴィルの小説『カンプチア』を年度最優秀作品に選出。イェルサンの生涯をえがいた『ペスト&コレラ』は、フランスの文学賞すべての候補となり、書店フナックによる小説賞につづいて、フェミナ賞その他の文学賞に輝いた。これまで邦訳された作品に、『花火』(野崎歓訳、白水社、1994)、上記『ペスト&コレラ』(辻由美訳、みすず書房、2014)がある。


 

パトリック・ドゥヴィル の書籍一覧

  • ペスト&コレラ
    ペスト&コレラ
    [著者] パトリック・ドゥヴィル   [訳者] 辻由美  
    ペスト菌(Yersinia pestis)にその名を留めるだけのその男は、どんな一生を送ったのか。徹底した取材と斬新な手法で、百年前の世界と生物学・細菌学史を背景に描く、めっぽう面白い長編小説。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 3,740円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-07838-8 C0097
    • 2014年5月23日発行