「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アンガス・ディートン

Angus Deaton

プリンストン大学の経済学部教授。専門分野は健康と豊かさ、経済成長の研究。イギリス生まれ。米英の市民権を持つ。ケンブリッジ大学とブリストル大学で教鞭を執ったのち、プリンストン大学に移籍。2009年にはアメリカ経済学会の会長を務める。現在の研究テーマは、インドをはじめとする全世界の貧困の計測。2015年、「消費、貧困、福祉に関する分析(analysis of consumption, poverty, and welfare)」に対し、ノーベル経済学賞受賞。著書Economics and Consumer Behavior (共著、1980, Cambridge University Press); The Analysis of Household Surveys (1997, World Bank); The Great Escape (2013, Princeton University Press, 『大脱出』松本裕訳、2014、みすず書房)他。


 

アンガス・ディートン の書籍一覧