「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



デイヴィッド・ビアリング

David Beerling

シェフィールド大学(英国)、動植物学部門教授。専門は植物学、古気候学。王立協会会員。光合成植物を含む生態系と地球環境の関係を研究テーマとし、2001年にはPhilip Leverhulme Prizeを受賞。初めて一般読者向けに著したThe Emerald Planet: How Plants Changed Earth’s History (Oxford University Press, 2007 〔『植物が出現し、気候を変えた』西田佐知子訳、みすず書房、2015〕)が好評を得て、2012年に英国BBC TwoによるTVシリーズ "How to Grow a Planet" のベースとなり、ビアリングは同プログラムの科学監修を務めた。共著に、Vegetation and the Terrestrial Carbon Cycle: The First 400 Million Years (F. Ian Woodwardとの共著、Cambridge Unovrsity Press, 2005)がある。


 

デイヴィッド・ビアリング の書籍一覧