「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャン・ドゥーシュ

Jean Deutsche

パリ第6大学で遺伝子学の教授をつとめ、現在は名誉教授。比較発生遺伝学(エボデボ)という新しい分野を推進し、発生生物学と進化論を統合することを目指した。ミトコンドリアの遺伝の研究やHox遺伝子などの解析を中心として活躍。著書に『カタツムリをタクシーだと思っている虫』2007(ジャン・ロスタン賞2008)『進化する遺伝子概念』2012(佐藤直樹訳、みすず書房2015)などがある。2009年、コレージュ・ド・フランスで講演。ラジオ放送France cultureに出演したり、雑誌『Pour la science 科学のために』2013年秋号の遺伝子に関する特集号で序文を執筆したりと、啓蒙分野でも活躍する、フランスを代表する遺伝・発生学者。


 

ジャン・ドゥーシュ の書籍一覧

  • 進化する遺伝子概念
    進化する遺伝子概念
    [著者] ジャン・ドゥーシュ   [訳者] 佐藤直樹  
    遺伝子という概念は、どのように形成されてきたのか。歴史と研究の最先端を、遺伝学と発生学の融合による進化学(エボデボ)を牽引するフランスの第一人者が描く。 受精・遺伝・発生を古代や中 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07914-9 C0045
    • 2015年9月25日発行