「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



オノラ・オニール

Onora O’Neill

1941-。ケンブリッジ大学名誉教授。英国貴族院議員。オックスフォード大学で哲学と心理学を学んだのち、ハーヴァード大学でジョン・ロールズの指導のもと博士号を取得。主な著作にConstructions of Reason: Explorations of Kant’s Practical Philosophy (Cambridge University Press, 1989), Towards Justice and Virtue: A Constructive Account of Practical Reasoning (Cambridge University Press, 1996), Bounds of Justice (Cambridge University Press, 2000, 『正義の境界』神島裕子訳、みすず書房), Acting on Principles: An Essay on Kantian Ethics, second edition (Cambridge University Press, 2013)などがある。


 

オノラ・オニール の書籍一覧

  • 正義の境界
    正義の境界
    [著者] オノラ・オニール   [訳者] 神島裕子  
    「私は本書で、国境はもはや正当な正義の境界として見なしえないと論じる。それ自体が制度である国境の正義は疑われうるものであり、またしばしば疑われるべきものである」 20世紀の最後の30年 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/312頁
    • 定価 5,616円(本体5,200円)
    • ISBN 978-4-622-07955-2 C1010
    • 2016年2月18日発行