「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



徐智瑛(ソ・ジヨン)

서지영

韓国出身。西江大学校英文学科卒業、国語国文学科修士課程修了、同博士課程修了。韓国学中央研究院学術研究教授、高麗大学校民族文化研究員HK研究教授、梨花女子大学校韓国女性研究員研究教授を歴任。現在、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学アジア研究学科博士課程在学中(Ph.D Candidate、文化史専攻)。研究分野は女性史、文化史。単著に『歴史に愛を問う――韓国文化の愛と系譜学』(イスプ、2011年)、『京城のモダンガール――消費、労働、ジェンダーから見た植民地近代』(ヨイヨン、2013年〔『京城のモダンガール――消費・労働・女性から見た植民地近代』姜・高橋訳、みすず書房、2016年〕)。共著に金賢珠・朴茂瑛・イ・ヨンスク・許南麟編『朝鮮の女性(1392-1945)――身体、言語、心性』(クオン 、2016年)、 韓国女性研究所編『女性の身体――視覚、争点、歴史』(創作と批評社、2005年)など。論文に"Women on the Borders of the Ladies’ Quarters and the Ginyeo House: The Mixed Self-Consciousness of Ginyeo in Late Joseon," Korea Journal, Vol. 48, no. 1, 2008, Spring; "The "New Woman" and the Topography of Modernity in Colonial Korea," Korean Studies 37, University of Hawai’I Press, 2013.


 

徐智瑛(ソ・ジヨン) の書籍一覧