「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



島田虔次

しまだ・けんじ

1917-2000。広島県三次に生まれる。1941年、京都帝国大学文学部史学科卒業。1943年、東方文化研究所助手。1946年、東海大学予科教授。1949年、京都大学人文科学研究所助教授、ついで教授。1976年、京都大学文学部教授。1981年退官。1997年、日本学士院会員。
著書『中国に於ける近代思惟の挫折』(筑摩書房、1949、改訂版1970)『中国革命の先駆者たち』(筑摩書房、1965)『朱子学と陽明学』(岩波新書、1967)『大学・中庸』(中国古典選4、朝日新聞社、1967)『荻生徂徠全集 1 学問論集』(みすず書房、1973)『王陽明集』(中国文明選6、朝日新聞社、1975)『隠者の尊重』(筑摩書房、1997)『中国の伝統思想』(みすず書房、2001) 
共訳・共編書 中江兆民『三酔人経綸問答』(桑原武夫との共訳・共編、岩波文庫、1965)『辛亥革命の思想』(小野信爾との共訳・共編、筑摩叢書、1968)『清末民国初政治評論集』(西順蔵との共編、中国古典文学大系58、平凡社、1971)『辛亥革命の研究』(小野川秀美との共編、筑摩書房、1978)『三浦梅園』(田口正治との共編注訳、日本思想大系41、岩波書店、1982) 宮崎滔天『三十三年の夢』(近藤秀樹との共編・校注、岩波文庫、1993)『三浦梅園自然哲学論集』(尾形純男との共編注訳、岩波文庫、1998)ほか。


 

島田虔次 の書籍一覧

  • 中国の伝統思想
    中国の伝統思想
    [著者] 島田虔次  
    〈儒教の中には今なお生きているものが存在し、また、それを正当に更に生きしめるべきであると信ずる。私が期待するのは儒教に対する冷静な分析、正当な評価であり、新しく総合的に創造さるべき ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/472頁
    • 定価 5,616円(本体5,200円)
    • ISBN 4-622-03111-6 C3010
    • 2001年5月25日発行