「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



小原淳

おばら・じゅん

1975年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。和歌山大学教育学部准教授、早稲田大学文学学術院准教授を経て、早稲田大学文学学術院教授。専攻はドイツ近現代史。著書に『フォルクと帝国創設』(彩流社、2011、日本ドイツ学会学術奨励賞受賞)。訳書にJ・スタインバーグ『ビスマルク』(白水社、2013)、J・スパーパー『マルクス』(白水社、2015)、Ch・クラーク『夢遊病者たち』(全2巻、みすず書房、2017)、R・エヴァンズ『力の追求』(全2巻、共訳、白水社、2018)、R・ゲルヴァルト『敗北者たち』(みすず書房、2019)などがある。


 

小原淳 の書籍一覧