「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



富田武

とみた・たけし

1945年福島県生まれ。東京大学法学部卒業。成蹊大学名誉教授。ロシア・ソ連政治史、日ソ関係史、シベリア抑留。著書『スターリニズムの統治構造――1930年代のソ連の政策決定と国民統合』(岩波書店1996)『戦間期の日ソ関係――1917-1937』(岩波書店2010)『シベリア抑留者たちの戦後――冷戦下の世論と運動 1945-56年』(人文書院2013)『シベリア抑留――スターリン独裁下、「収容所群島」の実像』(中公新書2016、アジア・太平洋賞特別賞)『日本人記者の観た赤いロシア』(岩波書店2017)『歴史としての東大闘争』(ちくま新書2019)『シベリア抑留者への鎮魂歌』(人文書院2019)『日ソ戦争 1945年8月――棄てられた兵士と居留民』(みすず書房2020)。編書『シベリア抑留関係資料集成』(共編、みすず書房、2017)、訳書 バーシェイ『神々は真っ先に逃げ帰った――棄民棄兵とシベリア抑留』(人文書院2020)ほか。


 

富田武 の書籍一覧

  • 日ソ戦争 1945年8月
    日ソ戦争 1945年8月棄てられた兵士と居留民
    [著者] 富田武  
    「日ソ戦争」はソ連軍170万、日本軍100万が短期間であれ戦い、日本側の死者は将兵約8万、民間人約25万、捕虜約60万を数えた、明らかな戦争であった。 本書は、現在まで「触れたくない敗戦史」ゆ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
    • 定価 4,180円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-08928-5 C1021
    • 2020年7月17日発行
  • シベリア抑留関係資料集成
    シベリア抑留関係資料集成
    [編] 富田武   [編] 長勢了治  
    [新装版を8月下旬に刊行予定です] 関係者・研究者待望の、シベリア抑留に関するわが国最初の ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/1000頁
    • 定価 19,800円(本体18,000円)
    • ISBN 978-4-622-08515-7 C3021
    • 2017年1月25日発行