「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



桜井英治

さくらい・えいじ

1961年、茨城県に生まれる。東京大学文学部卒業。同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。北海道大学助教授、東京大学大学院准教授等を経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。博士(文学)。専門は日本中世史、流通経済史。主要な著書に、『日本中世の経済構造』(岩波書店、1996)『日本の歴史12 室町人の精神』(講談社、2001、講談社学術文庫版2009)『破産者たちの中世』(山川出版社、2005)『贈与の歴史学――儀礼と経済のあいだ』(中公新書、2011、第10回角川財団学芸賞受賞)『交換・権力・文化――ひとつの日本中世社会論』(みすず書房、2017)。『網野善彦著作集』全18巻・別巻(共編、岩波書店、2007-9)『岩波講座 日本歴史』全22巻(共編、岩波書店、2013-16)等編集委員。


 

桜井英治 の書籍一覧

  • 交換・権力・文化
    交換・権力・文化ひとつの日本中世社会論
    [著者] 桜井英治  
    中世日本は贈与社会が行き着くべきひとつの極限段階を示していた。日本史上最も贈答儀礼が肥大化したこの時代、贈与経済と市場経済は対立的でなくきわめて親和的な関係を築いていた。『贈与の歴 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/312頁
    • 定価 5,616円(本体5,200円)
    • ISBN 978-4-622-08611-6 C1021
    • 2017年6月9日発行