「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



木庭顕

こば・あきら

1951年、東京に生まれる。1974年、東京大学法学部卒業。東京大学名誉教授。専門はローマ法。「政治・デモクラシー・法の歴史的基盤の探究」の傑出した業績により、2018年度朝日賞受賞。著書に、三部作『政治の成立』(1997)『デモクラシーの古典的基礎』(2003)『法存立の歴史的基盤』(2009、日本学士院賞受賞、以上東京大学出版会)、『ローマ法案内――現代の法律家のために』(羽鳥書店、2010、[新版]勁草書房、2017)、『現代日本法へのカタバシス』(羽鳥書店、2011、[新版]みすず書房、2018)、『[笑うケースメソッド]現代日本民法の基礎を問う』(2015)『[笑うケースメソッド II]現代日本公法の基礎を問う』(2017、以上勁草書房)、『法学再入門 秘密の扉 民事法篇』(有斐閣、2016)、『憲法9条へのカタバシス』(みすず書房、2018)、『誰のために法は生まれた』(朝日出版社、2018)ほか。


 

木庭顕 の書籍一覧

  • 現代日本法へのカタバシス【新版】
    現代日本法へのカタバシス【新版】
    [著者] 木庭顕  
    異色の表題作が甦る。しかも、民事法にくっきり主題を絞る本として生まれ変わる。 ゆるがぬ基本は〈個人の自由〉。自由な個人と個人とが、互いに相手に全幅の信頼を置き、善意に基づき経済活動 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/320頁
    • 定価 8,424円(本体7,800円)
    • ISBN 978-4-622-08707-6 C1032
    • 2018年10月1日発行
  • 憲法9条へのカタバシス
    憲法9条へのカタバシス
    [著者] 木庭顕  
    憲法9条とりわけ2項をどう解釈すればいいのだろうか。今まで一度も真に理解しないまま、粗雑な議論で花芽を摘んでいいはずがない。カタバシスは「下降行」、転じて、冥府に降り、過去の人物に遭 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/224頁
    • 定価 4,968円(本体4,600円)
    • ISBN 978-4-622-08673-4 C1032
    • 2018年4月25日発行