「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



小堀鷗一郎

こぼり・おういちろう

1938年、東京生まれ。東京大学医学部医学科卒業。医学博士。東京大学医学部付属病院第一外科、国立国際医療研究センターに外科医として約40年間勤務。定年退職後、埼玉県新座市の堀ノ内病院に赴任、在宅診療に携わり、355人の看取りにかかわる。うち271人が在宅看取り。現在 訪問診療医。母は小堀杏奴。祖父は森鷗外。


 

小堀鷗一郎 の書籍一覧

  • 死を生きた人びと
    死を生きた人びと訪問診療医と355人の患者
    [著者] 小堀鷗一郎  
    これまでに355人の看取りに関わった訪問診療医が語る、患者たちのさまざまな死の記録。 現代日本では、患者の望む最期を実現することは非常に難しい。「死は敗北」とばかりにひたすら延命する医 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-08690-1 C0036
    • 2018年5月1日発行