「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



古賀敬太

こが・けいた

1952年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。京都大学法学研究科博士課程修了。博士(法学)。現在 大阪国際大学現代社会学部教授。著書『ヴァイマール自由主義の悲劇――岐路に立つ国法学者たち』(風行社、1996)『カール・シュミットとカトリシズム――政治的終末論の悲劇』(創文社、1999)『政治思想における自由の伝統』(晃洋書房、2001)『シュミット・ルネッサンス』(風行社、2007)『政治思想の源流――ヘレニズムとヘブライズム』(風行社、2010)『コスモポリタニズムの挑戦』(風行社、2014)『西洋政治思想と宗教――思想家列伝』(風行社、2018)『カール・シュミットとその時代』(みすず書房、2019)。編著『政治概念の歴史的展開』(第1巻-第6巻、第8巻、晃洋書房、2004-16)。論文「矢内原忠雄の政治思想(1)-(6)」(『国際研究論叢』第28巻2号(2015. 1)、第29巻3号(2016. 3)、第30巻1号(2016. 10)、第30巻3号(2017. 3)、第32巻1号(2018. 10)、第32巻2号(2019. 1))。


 

古賀敬太 の書籍一覧

  • カール・シュミットとその時代
    カール・シュミットとその時代
    [著者] 古賀敬太  
    カール・シュミット(1888-1985)とは何者か。政治思想家なのか法学者なのか。ナチス・ドイツの御用学者なのか、それとも状況に反応するカメレオン的人物なのか。『政治的なものの概念』『政治 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/448頁
    • 定価 7,480円(本体6,800円)
    • ISBN 978-4-622-08785-4 C1031
    • 2019年3月22日発行