「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ピエール・カスー=ノゲス

Pierre Cassou-Nogues

1971年生まれ。パリ第8大学哲学教授。フランスの数学者カヴァイエス研究から出発したが、Les demons de godel. Logique et folie, 2007(『ゲーデルの悪霊たち』新谷昌宏訳、みすず書房)以降、意想外の、時に奇怪な設定の、一人称で語られるフィクションによって哲学的・科学思想史的考察を展開していくという独自のスタイルを確立していき、多数の著作を発表している。主な著書にDe l’expérience mathématique. Essai sur la philosophie des sciences de Jean Cavaillès, 2001; Hilbert, 2001; Gödel, 2003; Une histoire de machines, de vampires et de fous, 2007; Mon zombie et moi, La philosophie comme fiction, 2010; Lire le cerveau, Neuro-science-fiction, 2012; Les Rêves cybernétiques de Norbert Wiener, 2014; Métaphysique d’un bord de mer, 2016; Technofictions, 2019.


 

ピエール・カスー=ノゲス の書籍一覧