みすず書房

小沢信男

おざわ・のぶお

1927年、東京新橋に生まれる。作家。日本大学芸術学部卒業。大学在学中の52年、「江古田文学」掲載の「新東京感傷散歩」を花田清輝に認められる。53年、新日本文学会に入会。以後、小説、詩、俳句、評論、ルポルタージュなど多ジャンルにわたる執筆活動を展開。著書『わが忘れなば』(晶文社1965)『いま・むかし東京逍遥』(晶文社1983)『書生と車夫の東京』(作品社1986)『東京百景』(河出書房新社1989)『定本犯罪紳士録』(ちくま文庫1990)『あの人と歩く東京』(筑摩書房1993)『裸の大将一代記——山下清の見た夢』(筑摩書房2000/桑原武夫学芸賞)『句集・んの字』(トランスアート2000)『悲願千人斬の女』(筑摩書房2004)『通り過ぎた人々』(みすず書房2007)『俳句世がたり』(岩波新書2016)、編著『長谷川四郎 鶴/シベリヤ物語』(みすず書房2004)ほか。