みすず書房

服部文祥

はっとり・ぶんしょう

登山家。1969年横浜生まれ。94年東京都立大学フランス文学科とワンダーフォーゲル部卒。大学時代からオールラウンドに登山をはじめ、96年カラコルム・K2登頂(南南東リブ)、97年の冬から黒部横断をおこない、黒部別山や剱岳東面、薬師岳東面に初登攀ルートが数本ある。99年から長期山行に装備と食料を極力持ち込まず、食糧を現地調達するサバイバル登山をはじめ、そのスタイルで日本の大きな山域を踏破。2005年からは狩猟もはじめる。現在、狩猟技術を使った冬期のサバイバル登山を試行中。
1996年から山岳雑誌「岳人」編集部に参加。旧姓、村田文祥。著書に『サバイバル登山家』(みすず書房)『サバイバル!』(ちくま新書)『狩猟サバイバル』(みすず書房)『百年前の山を旅する』(新潮文庫)『サバイバル登山入門』(deco)『ツンドラ・サバイバル』(みすず書房、第5回「梅棹忠夫 山と探検文学賞」受賞)。編著に『狩猟文学マスターピース』(みすず書房)『富士の山旅』(河出文庫)などがある。