みすず書房

トマ・ピケティ

Thomas Piketty

1971年5月7日、フランスのクリシー生まれ。パリ経済学校経済学教授。社会科学高等研究院(EHESS)経済学教授。EHESSおよびロンドン経済学校(LSE)で博士号を取得後、マサチューセッツ工科大学(MIT)で教鞭を執る。2000年からEHESS教授、2007年からパリ経済学校教授。多数の論文をthe Quarterly Journal of Economics, the Journal of Political Economy, the American Economic Review, the Review of Economic Studiesほかに発表。経済発展と所得分配の相互作用について、主要な歴史的、理論的研究を成し遂げる。世界不平等研究所および世界不平等データベースの共同ディレクター、「欧州の民主化のためのマニフェスト」の発起人も務める。著書に『21世紀の資本』(2014)、『世界不平等レポート2018』(共編、2018、以上みすず書房)、『トマ・ピケティの新・資本論』(日経BP、2015)、『格差と再分配』(早川書房、2016)、『不平等と再分配の経済学』(明石書店、2020)ほか多数。『来たれ、新たな社会主義』(みすず書房、2022)は、『ルモンド』紙に2016年から2021年にかけて連載されたコラムに基づいており、その一部は朝日新聞にも抄訳掲載されている。