みすず書房

庭田よう子

にわた・ようこ

翻訳家。訳書に、ゲーノ『避けられたかもしれない戦争』(東洋経済新報社、2017)、ロス『スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣』(講談社、2016)、ストーム『イスラム過激派二重スパイ』(亜紀書房、2016)、ハリントン『ウェルス・マネジャー 富裕層の金庫番』(2018)、ファン・デル・クナープ編『映画『夜と霧』とホロコースト』(2018)、スナイダー『目に見えない傷』(2020、以上みすず書房)ほか。