みすず書房

庄野潤三

しょうの・じゅんぞう

1921年大阪府生まれ。住吉中学、大阪外国語学校英語部卒業。その後九州帝国大学で東洋史を専攻、2年次に海軍に入営。戦後、教職、朝日放送勤務を経て小説を書き始める。1955年『プールサイド小景』により芥川賞受賞。65年『夕べの雲』により読売文学賞受賞。他の著作に『静物』(新潮社文学賞)、『絵合わせ』(野間文芸賞)、『明夫と良二』(赤い鳥文学賞、毎日出版文化賞)など多数。近著に『庭の小さなばら』『メジロの来る庭』『けい子ちゃんのゆかた』『星に願いを』がある。2009年歿。