みすず書房

鈴木晶

すずき・しょう

1952年東京生まれ。東京大学文学部ロシア文学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。現在、法政大学国際文化学部教授。早稲田大学客員教授。精神分析・身体表現論・舞踊史。著書『フロイト 精神の考古学者』(河出書房新社)『フロイトからユングヘ』(NHK出版)『フロイトの精神分析』(ナツメ社)『踊る世紀』『ニジンスキー 神の道化』『バレエ誕生』『バレリーナの肖像』(以上、新書館)『バレエの魔力』(講談社現代新書)『バレエへの招待』(筑摩書房)など。訳書 フロム『愛するということ』(紀伊國屋書店) キュブラー・ロス『死ぬ瞬間』(読売新聞社、中公文庫)ゲイ『フロイト』スヘイエン『ディアギレフ』(以上、みすず書房)バックル『ディアギレフ ロシア・バレエ団とその時代』(リブロポート)『ニジンスキーの手記』(新書館)クレイン/マックレル編『オックスフォード バレエ ダンス事典』(監訳、平凡社)など多数。