みすず書房

齋藤紘一

さいとう・こういち

1943年群馬県生まれ。東京大学理学部化学科卒。在学中に米川哲夫氏にロシア語を学ぶ。通産省入省後、課長・審議官を務める。93年退官後、ISO(国際標準化機構)日本代表委員、独立行政法人理事長をへて現在、翻訳家。グロスマン『人生と運命』(全3巻、みすず書房)の翻訳で日本翻訳文化賞(2012年度)を受賞した。99年、通訳案内業免許(ロシア語)取得。他の訳書に、グロスマン『万物は流転する』『システィーナの聖母——ワシーリー・グロスマン後期作品集』(ともにみすず書房)、ソログープ『小悪魔』(文芸社)、ソコロフ『スターリンと芸術家たち』(鳥影社)など。