みすず書房

清水智世

しみず・ともよ

京都府京都文化博物館学芸員。「小牧源太郎展」(2018年)、「伊藤久三郎展 夢の中でみた世界」(2019年)、「生誕140周年 津田青楓と京都」(2020年)などを担当。主な論考に「吉井忠と東北 戦争がもたらした表現の差異について」(豊島区立郷土資料館『生活と文化』26号、2017年)、「小牧源太郎と稲荷と狐 前衛画家の描く稲荷信仰」(伏見稲荷大社『朱』64号、2021年)など。共編著『さまよえる絵筆――東京・京都 戦時下の前衛画家たち』(みすず書房、2021年)。