みすず書房

邵丹

ショウ・タン Danae Shao

翻訳研究、世界文学、ジェンダー研究。東京大学人文社会系研究科欧米系文化研究専攻博士課程単位取得満期退学。東京大学文学博士。名古屋外国語大学助教。論文「Welcome to the Monkey House――日本におけるカート・ヴォネガット文学の受容」(佐藤=ロスベアグ・ナナ編『翻訳と文学』、みすず書房、2021)、「日本におけるアメリカ文学の翻訳の位置付け」(『れにくさ = Реникса』6, 2016)ほか。