「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



エコロジストの実験と夢<品切>

POURQUOI LES ECOLOGISTES


《僕たちは緊急のことがらのために闘っている……》(ラロンド)
《エコロジーは、さまざまな社会を自然という観点からとらえる……》(モスコヴィシ)
《僕たち一人ひとりの浪費が、世界全体を貧しくしている……》(デュモン)
三つの世代、三つの個性、三つの行動様式。一人は〈地球の友〉の若い活動家、一人は著名な社会学者、さらに第3世界の飢餓調査の経済学者――異なる経験のなかから、異なる世代のなかから、ひとつの共有の立場に彼らは到達した。編者のリブは問う、エコロジーの根拠はどこにあるのか。エコロジー運動の誕生・展開の歴史は?今の成果は?エコロジストは実現可能なプログラムをもっているのか。問いがほとばしり、答えがはね返る。ドグマは退けられ、ここではすべてが開かれている……。政治の舞台で新たに注目されつつあるエコロジストの希望の呼びかけが聞こえてくる。



著訳者略歴

ジャン=ポール・リブ
Jean-Paul Ribes

1939年生まれ。法律と東洋語を学ぶ。アルジェリア独立後、1962-65年までアルジェ大学で経済学を講義したのち、ジャーナリストとなり、「ル・モンド」「レヴェヌマン」「アクチュエル」などに記事を書いている。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
辻由美
つじ・ゆみ

翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「エコロジストの実験と夢」の画像:

エコロジストの実験と夢

「エコロジストの実験と夢」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/246頁
定価 1,980円(本体1,800円)
ISBN 4-622-00597-2 C1036
1982年3月10日発行
<ただいま品切です>